育毛剤の効果と口コミは、育毛剤の選び方や種類、使い方などを掲載しています。
育毛剤に関連する情報ならば、ぜひ当ホームページ内を探してみてください。
 

外用薬タイプの育毛剤 薄毛の気になる部分につけて、直接毛根に有効成分を働きかける育毛剤が外用薬タイプです。毛根の血行促進や頭皮の健康回復を目的としたもので血管拡張剤「ミノキシジル 」などが配合されています。 代表的なものでは「ロゲイン」やジェネリック医薬品の「「カークランド」、大正製薬の「リアップ」シリーズに「ミノキシジル 」が含まれています。

内服薬タイプの育毛剤はドリンクや錠剤で直接体内に取り入れ、内側から頭皮に有効成分を働きかけるものです。 外用薬と同じように効果が得られますが、飲むだけという手軽さで人気があるタイプです。 体内に直接有効成分を摂取するので、外用薬では効果が実感できなかった方でも内服薬では効果が出たという方が多いようです。

様々な育毛剤がある理由⇒ 薄毛や頭皮のトラブルの原因は、様々な理由があります。そのため育毛剤もその悩みに合わせて多くの商品が市場に出回るようになっています。 多くの育毛剤から、ご自分に合ったものを選ぶにはまず、ご自分の頭皮の状態をよく知っておくことが大切です。

肌にも敏感肌や脂性肌などがあるように、頭皮にも個人によってタイプが異なります。 副作用の心配があまりない天然成分を配合して頭皮への刺激を抑える商品が多くありますが、天然成分でも副作用がまったく出ないというわけではありません。

薬剤を薄毛や気になる部分に直接つける外用薬タイプには、スプレーやスポイトを使って塗るタイプがあります。 使用法は、スプレーを噴射、または薬液を気になる部分に塗るだけですが、合わせて頭皮をマッサージして血行を良くすると薬液が浸透して育毛効果も上がります。

抜け毛の主な原因として「ストレス」も深く関係しています。 人間は「ストレス」を感じると体が拒否反応を起こします。 自律神経が乱れるのです。自律神経が乱れると血液の循環が悪くなり血行不良となります。 栄養成分は血液によって運ばれますので血行不良となると、毛根に十分な栄養素がいき届かなくなります。 そうなると、毛根からは健康な髪の毛は生成されず、コシのない弱いすぐ抜けてしまう髪の毛が生えてくるのです。 ですから、ストレスを上手く解消できないとさらに、抜け毛で悩むことになってしまい悪循環になります。 まずはご自分に合ったストレス解消法を見つけることが抜け毛予防につながります。 主なストレス解消法としては、「運動」、「睡眠」、「趣味」、「人に話す」ことがもっとも効果的です。